いつも通っている整体院から学んだこと

cavalier 1a
「お得」が「損」になったときのガッカリ感は半端ないのです
美容室オーナー様、新店舗出店時のご注意でございます
私がいつも通っている「お気に入りの整体院」から学んだ事を今日は記します
美容室でも店舗展開をして失速するケースは多い
この体験談はある意味で価値あるものとなりました
cavalier 1a
家からほど近い商店街には整体が多く、どれに行こうか悩んでいたが
とりあえず保険が利くところを選んでみた
初回、安くて上手くて、良心的。通えば通うほどお特になるシステムは
近所で腰痛持ちの私には好都合
早速回数券を購入し、薦められる通り連続で6回通う
担当制ではないので毎回、違う整体師さんが施術を行う
みんな上手く、安心して任せられる。一人だけまだ経験が浅い感じがする整体師さんがいるが
丁寧な接客だし、一生懸命だし、他の全員が上手いので悪い気はしない
去年、ぎっくり腰をしてから調子が悪かった腰はかなりよくなり、
この整体に当面通うことを決め、3万円(35回分)の回数券を買う
3,4日に一回ペースで通っているので多くて月10回くらいなので4、5ヶ月分だろう
その回数券を買う前後に新店舗オープンすると整体師から聞いていた
4店舗目オープン時に回数券を買うのは「ある種の賭け」だが買ってみる事にしたのだった
整体院も美容室も経営という点からは似たり寄ったりなので、
様々なことが想像できる
 現在3店舗経営しており、これで4店舗目
3店舗も順等に出店しており、人財もこれだけそろっているところを見ると
教育システムも効果的に機能しているようだ
 なかなか興味深い教育システムなのでこれはまた別の機会に触れたいと思う
 
いい人財を新店舗にまわすであろうと思っていたが案の定、
自分が上手いと思うベスト3の整体師さん達はいなくなった
それでも今まで上手い人ばかりだと感じていたので
大丈夫だろうと思っていたのだが・・・
やはり粗が出始めた
上手い人が不在になると
今まで普通に上手い方かなっと思っていた整体師さんや、
新人などは『物足りない』と感じるようになるようだ
今まで満足していたのに
その「物足りなさ」がストレスになっていく
もう今まで安いと思って満足していたことなんて頭にない
もったいない、あまり足を運ぼうと思わない、損した気分。。。
今まで安くて「得」していた感覚から一気に損した気分になる
そして回数券なのでなんだか詐欺られたかのような感覚にまで陥ることを知った
人間、そのときの感覚、感情で受け止め方が大きく変わる
もちろんそんな悪意があるわけでないことは知っているし、
問題の本質も理解している、が!
不満が私の中を充満している
満足感で充満されるか、不満で充満されるか・・・
多店舗経営をしていくと新店舗を出したときの最初の売り上げが肝心なことはわかる
一気にファンをつけて軌道にのせたいのは同じ店舗ビジネスだけに察しがつく
でも商売の基本は「評判」です
A「あそこ、上手くてよかったのに新店舗だして上手い人いなくなったらしいわよ」
B『そうそう、4店舗目ですって。お金儲けに走ったのかしら』
A「前は良かったのにね〜。私なんかVIP会員になって損した気分だわ」
B『私も回数券買ったばかりよ、まったく。最近は待たされることも多くなったし』
・・・・・・とこんな会話が頭の中をよぎった
「口こみ、評判」
3店舗というのが一つの境界線のように感じていたが
こんなところでもその3店舗マジックを感じるとは。
最近は上手い整体師さんがいないだけでなく
・待たされることが多くなり、待ち時間も長くなった
・新人さんがデビューし、より質の低下を感じるようになった
今なイライラのとき(苦笑

 

伊澤昌高