モノ売り

object

 
 
 
 
 
 
最近、ハマっているのがこのshu arai
 
 
 


 
 
 
 
 
さて今日は「モノ」について私の考えを綴ってみます
 

(ちなみに私はこういうモノです→自己紹介ページ

 

たぶん「モノ売り」という言葉は良い意味で使われていないでしょう。

近年は「モノ」より「コト」と言い出してなおさらかもしれない。

 

あえてこの言葉を使ってみる。

 

私は「モノ売り」としてプライドを持って仕事しています。

 

「モノ」はまだ会ったこともない

「人」と「人」の縁を紡ぐことが出来る、

そんな「まだ見ぬ世界」に連れて行ってくれる

「モノ」が好きだ。

 

「モノ」の背景、

「モノ」の向こう側、

「モノ」と共に

縁があり、未来がある。

 

そういう夢が篭った「モノ」を紹介したり、販売することに誇りを持って仕事をする。

 

もし「モノ」を作り上げる背景を考えたことがなければ少しだけ「どんな方が、どんな環境で、どんな想いを持って」作られているか想像してみるだけで、知らなかった世界を知るキッカケになるでしょう。

 

そして真剣に「モノ」の作り手の周りにはその「モノ」に魅了された「人」がいる。

 

手作りはもちろんのこと、

たとえオートメーションで作られた「モノ」にも魂はあり、

その魂を見出せるか否か、だけが真実だと考えてきました。

 

動物から人にその歩みを遂げた一つに

「モノ」があったことが証明してくれていると

私は信じています。

 

伊澤