Introduce

伊澤昌高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*English  Profile is underneath 

 

 

伊澤昌高

デザイナー/ディレクター/美容製品プロデューサーなど

1978年生まれ

和歌山県出身

一般社団法人エシカル・ビューティ・アソシエーション/ 理事長

株式会社VIZM/ CEO

LHOOQ/ 開発室室長

フラワーヘアー/ コーディネーター

Christie’s/ 会員


 

こんにちは。はじめまして

iZMOこと伊澤昌高と申します

 

現在私は美容業界でいくつか事業をしています

 

また芸術を通じてに国際文化交流や

一般社団法人エシカル・ビューティ・アソシエーション(通称EBA)というリスクマネジメント団体で社会活動も大事なライフワークとして行ってます

 

私の10~20代は美容とストリートアートに没頭

髪の毛と壁に向かう日々

 

ただ両方とも消えてなくなるもの

 

髪は伸びてヘアスタイルは違う物となる

ストリートアートも消えるもの

 

その儚さから形に残るものに興味が強くなり

美容とストリートアートを礎にデザインを独学

そして30歳手前でデザイン会社を設立しました

 

元々自給自足に近い山育ちの私には「モノ」は未来であり、夢そのもの。

人と人の縁を紡いでくれ、時空を超えてストーリーを届けてくれる”モノ”

この流れは必然だったのだろうと今思う

 

このブログは

Masataka Izawaの場所や空間

という意味でドメインを

.spaceに決めました

 

新しいドメインです

 

社会を生きて行く上で

会社という媒体を作りそれを背負い

そして、同じように会社や集団

家族などを背負う方々と接する毎日

 

生きるって

利便性が高くなろうが

文明が進化しようが

そういう人と人の縁ってなくならない

 

ここはそんな生きて行くために

サバイブする株式会社VIZM伊澤ではなく

一個人として今という瞬間瞬間を積み重ねて

伊澤昌高の空間、場所にしたいと思います

 

引っ越しするまえのブログ[日々是日々]と同じ意味です

(日々是好日を捩りました)

 

日本人として生まれ

日本が好きな一人間として

この空間が鮮やかになっていく過程を

私も楽しんでいきたいと思います

 


Hello world from Tokyo!
My name is Masataka Izawa, everybody call me IZMO, living in Kagurazaka, Shinjuku, TOKYO.
I learned English in England in late ’90 through doing hairdressing( I used to be a hairdresser before), but after coming back to Tokyo, there is no opportunity to speak in English. It means I had not make a chance to use it. And then I realize I have lost many to know this world.
Living in Japan, who thinks to need English ?
Actually We can get happy life without English in Japan…
Is that truly right?
Who manage this one world?
Some particular people? Maybe yes maybe not.
This one world has been managed by every parson who join the global communication. The parson who challenges and never surrender to join to the world, only they can see what the real world is, I guess.Just right here right now,
Now we share everything in the world on each displays in their hands, seeing same things,hearing same music,know same information even we living different country,using different language, with different culture.
It doesn’t matter where we are placed. Importance is what we are and challenge telling that to the world.
I don’t think we must need to agree each other. If it is possible, it is good, but I think it is even enough that we know each other, know each culture not with force. Now we can communicate so easy so handy. Even if we can not understand English, we can use picture,illust ,stamp and whatever in our hands.
Know each other, Trying to understand each other.

I am trying to show what is going on around me by this blog to the world.

This is a only tiny thing but will be big one, I hope.

Masataka Izawa aka VIZM IZMO